わたしが出会った関西で無料でおみくじがひける神社やお寺のまとめ

いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)
おみくじは、多くの寺社で1回50〜300円ぐらいの価格帯に設定されています。場所によってはもっと高いところもあります。ところが世の中には、自由に何度でもおみくじがひける素敵なスポットがあるのです。すなわち、基本料無料です。

わたしが寺社を廻るうちに見つけた場所を見つける度に、地図でご紹介します。無料なので神託の書いた紙はもらえませんが、振り箱と神託の書いた木の額があって何度でもおみくじが引けます。


地図上の赤色の目印です。

伏見稲荷 稲荷山 (京都市伏見区


いわずと知れた無料おみくじスポットの聖地。稲荷山の山中に、振り箱と額のある祠が散在しています。


知恩院 濡髪大明神 (京都市東山区


濡髪という色っぽい名前は、知恩院にむかし住んでいたキツネの名前です。知恩院の最奥に位置し、墓地を抜けて千姫の大きな墓の更に奥に位置します。
http://www.chion-in.or.jp/04_meiho/ken/nur.html


稲荷神社 (滋賀県長浜市宮前町)


こちらは地元の方がお祀りするお稲荷さんの祠ですが、ご好意で振り箱が設置されています。わたしが提案したいおみくじと寺社の関係は、こちらの稲荷神社からいただいているものです。近くにある大通寺のお参りの後に寄るといいと思います。


武信稲荷神社 (京都市中京区)

変体仮名を多用した、現代人には読みにくい奉納額です。わたしの解読結果は以下となります。いくつかの歌は、伏見稲荷鞍馬寺のおみくじと共通しています。

正一位武信稲荷大明神御神鬮
壹大吉 正直をこゝろにこめてねがひなばわれもちからをそへてまもらん
半吉 いそぎなばかなふ願もかわるらんよしをそくともたいくつをせな
三吉 たゞねがへ願ふ心のすぐならばしぜんとわれもちからそふらん
四凶 あけくれにたらわぬ事のあるならばかみに願のこゝろつくせよ
五吉 したしみのふかき心の中なればやがてうれしき月やさゆらん
六凶 ねがひごとあらば願よかなわぬといふことはなしたいせつにせよ
七吉 あさゆふにあゆみをはこぶものならばねがわずとてもわれもまもらん
八凶 むまれ子の心になりてねがふべしつくりしつみをきやしたまへば
九吉 きょうはよきねがひの日なり心をばかげひなたなくもてよまもらん
十凶 なにごとも思のまゝになりぬれどみちはか(道果)ゆかぬ老のあしどり
十一半吉 おそくともかけし願はかなふべしこゝろかわらずたのしみてまて
十二大吉 はれわたるくもいにちかひかけはしのてんじよう人(天上人)のくるよしもかな

ご提案

おみくじを引くときにつかう筒である振り箱は、3万円ぐらいから買えますし、あとは神託を書いて額に飾れば良いので、ぜひ他の場所にも薦めたい文化です。

ここで紹介した場所では、いずれも金銭は求めていないのですが、管理や保守をしてくださる地域の方に感謝をして、賽銭箱にお心づけをすることをおすすめします。